中目黒 ポストプロダクション LabsDots Studio | ラブズドッツ スタジオ Edit / VFX | Flame

SEO対策もDIY。

ちょっと映像とは違いますが…Webの話です。

「Googleは使わない、SEO対策しているから…」っていう話題もありましたけど、「長い物にはぐーるぐる巻かれろ」って感じでSEO対策もDo It Yourselfしてみます。

Google Search

ところで「SEO」ってなに?

SEOとは「Search Engine Optimization」。すなわち「検索エンジン最適化」。簡単に言うならGoogleで上位を狙うっという意味です。Googleでは、あるアルゴリズムで検索結果の表示順位を決定します。

 

なんで「SEO」が必要なの?

単純に言うと、「そもそも、商品やサービスが知られていなければ買って貰えない」から。マーケティングの一つの手法なんですよね。予算があればバーンとメディアに広告したり宣伝したりという方法があるのですが…なかなか難しいいかと。

特に最近ではマスメディアの広告の力が失われつつあり、TwitterやFacebook、Instagramなど自商品に興味がある人に対して宣伝を行う方向にシフトしてきています。(いわゆるターゲッティング広告ってやつですね。)

ただ、この「ターゲッティング広告」。興味のある人って、すでにその商品を使っていたり、よく知っている人達なんです。サイドバーとかに表示される広告が「それ、もう持ってるし…」っていうモノがよく流れてくるかと思います。これってWebでの行動をアナライズした「行動ターゲッティング」の広告なんですよね。

知られていない人からの流入ってやっぱり「Web検索」だったりするんです。

 

SEO対策してみよう!

このサイトはWordPressで作られています。WordPressはブログツールとして広く知られていますが、実はSEOとの相性もバッチリ。WordPressでのSEO対策の流れを見てみましょう。

 

1.Jetpack プラグインを導入する

Jetpack プラグインを導入すると、WordPress.comと連携し「サイト統計情報」を見ることができます。何処からどれだけの人が、何の検索ワードで訪れ、どのページをどれだけ見ているかがグラフで見ることができるようになります。

Jetpack プラグイン

 

2.All in One SEOプラグインを導入する

多くの場合、サイトのタイトルと詳細が大きく影響します。All in One SEOプラグインでタイトルと詳細を最適化する事ができます。

All in One SEO Pack プラグイン

 

3.XML Sitemap Generatorプラグインを導入する

検索サイト向けのサイトマップを自動的に作成します。

 

3.Google Search Consoleを使用する

Googleに登録していれば誰でも使えますが、自分がサイトの所有者であることを証明する必要があります。Search Consoleを使い、プラグインで作成されたsitemap.xmlを登録します。ロボットが巡回するまでしばらく時間がかかりますが、手動でページをインデックスに登録する場合は「Fetch as Google」から個別にインデックスを送信することもできます。

Google Search Console

 

4.Google Analyticsでウェブ解析を行う

Search Consoleと同様に誰でも使えます。Jetpackの「サイト統計情報」と同じですが、より細かい情報を見ることができ、どういう人が、どういうキーワードでどこから訪れているかが判るようになりゴールを設定することができます。

Google Analytics

 

5.コンテンツにキーワードを含める

記事内、コンテンツ内にキーワードが含まれていなければ、箸にも棒にも引っかかりません。そこでブログ記事のタグやタグクラウドが有効に働きます。単独の検索語句でヒットするのは難しいですが、複数語句での検索で上位に表示させることはそれほど難しいことではなかったりします。

 

オウンドメディア

オウンドメディアとは「自分の所有するメディア」という事です。FacebookやTwitterはタイムラインで記事がタイムラインで流れていきまいます。ブログメディアは記事をためておける場所、アーカイブする場所として最適なんです。WordPressを少し深く使う事で、停滞しているWebサイトや普通のブログとはちょっと違った使い方ができるようになります。

 

超絶ブロガーに変貌を遂げたヒマナイヌの川井さんには及びませんが、たまに更新していきます。

himag

 

 

コメントを残す